40代でもぽっちゃりでも、美しくハッピーに!

ダイエットしなくても、40代でもぽっちゃりでも、美しくハッピーになれる!そんなヒントやマインドをお伝えしていきます♪

東京レディースクリニックに行ってきました!

女性なら誰でも…特に40代を過ぎると、婦人科系の悩みは気になりますよね!私アシュリーも子宮がん検診は毎年受けていますし、小さな筋腫があるので半年に1度は受診しています。

そんな風にケアしているつもりでも、先日気になる症状が発生してしまい…ちょっと痛みもあったので婦人科へ行くことに!初めて「東京レディースクリニック」に行ってきました。

 ランキングに参加しています。よかったら応援して下さいね♡ 励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

東京レディースクリニックに決めた理由

本当はかかりつけの婦人科に行きたかったのですが、予約を取れるのが最短でも2週間後!痛みもあって、2週間放っておいてよいものか心配だったので、他の婦人科を探しました。

ネットで見つかったのが、

  • 土日も診療
  • ウェブで予約可能
  • 女性医師が多数在籍


3拍子(?)そろった「新宿レディースクリニック」。渋谷、上野、東京、池袋、大宮に分院があり、どこも駅近で便利そう。次の日に空きがあった「東京レディースクリニック」に予約しました!

こちらの6院では「どこでも受診可能」というのがとても嬉しい。別の分院にかかる際、初回は問診票を記入する必要はあるようですが、前の分院で受けた検査の結果や治療の経過はきちんと共有されるそうです。もちろん、毎回、同じ医院で同じ医師に診てもらった方が良いでしょうが、予約が取りにくかったり、都合が合わない場合も多いですよね。

予約システムはとっても簡単・便利!

感激したのは予約システムのシンプルさ。普段通っている婦人科でもウェブ予約できるのですが、いつが予約可能か一目で分からないのです。予約可能な日時を一覧表示してくれればよいのですが。こちらの「新宿レディースクリニック」系列では、全院の「本日の予約状況」も分かるし、それ以降の予約もカレンダーに○や△で示されるので分かりやすいです。

また「女性医師が多数在籍」とのことですが、男性医師も数名はいるらしく、予約の際に「女性・男性医師どちらでもよい」か「女性医師を希望」を選択可能でした。

HPの「医師の紹介」ページを見る限り、東京レディースクリニックには男性医師はいないようでしたが…とりあえず私は「女性・男性医師どちらでもよい」を選択。

婦人科ってデリケートな分野だし、「男性医師は絶対イヤ!」という気持ちも分かるのですが、私は早く診てもらいたかったのと、医師は性別よりも、個々の性格や相性の方が大事と思っているので、あまり気にしません(笑)

男性がいない!ポスターがない!

翌日、ドキドキしながらクリニックへ…。東京駅八重洲地下街の24番出口を出て目の前のビルの5F、本当に駅近です!そして院内に入って感激!白とパープルを基調としたとってもオシャレなロビー♡ 予約はほぼ埋まっていたはずですが、広々としたロビーには患者さんも4人しかいません。

f:id:sarashina_sara:20180820124200j:plain

インスタ映えしそうな内装でしたが、さすがに写真は入口だけにしておきました(笑)

婦人科に限らず、病院の待合室って人であふれかえっていたり、雑然・殺伐としていることが多いですよね。こちらはモダンなホテルのロビー?エステのウェイティングルーム?と思ってしまうくらい、女性目線で作られていて、密かにテンションがアップ。

待合室がオシャレ、キレイよりも、診察の内容の方が大事じゃない?!」という意見もあると思います。でも、婦人科に行くのってただでさえブルーなこと。なので「あそこの医院は汚くて、先生もガサツだけど、腕はイイ」みたいな感じより、私は「キレイな医院で、設備も最新、先生も丁寧で、診察も良い」を求めたい。(あっ、ちなみに「店は汚く、店主の口も悪いけど、ウマいラーメン屋」などもイヤ笑

そして、男性は付き添いでも院内に入れませんので、女性しかいないのもリラックスできる雰囲気。座り心地の良いソファにはクッションやブランケットもあったり、万が一待ち時間が長くなっても、心地よく過ごせそう♡

また何より嬉しかったのは、クリニックにありがちな壁のポスターが一切なかったこと!薬やプラセンタの宣伝ポスターだとか、病気の啓蒙ポスターなどがベタベタ貼られた雑然とした待合室って、何かイヤ~な気分になってしまいます。

肝心の診察はどうだった?

予約時間を10分過ぎて呼ばれると、診察室でも1人で結構待たされました(笑)。担当はテキパキした感じのベテラン女性医師でした。診察は内診も含めて7~8分で終了。結局、私が気になっていた症状は、ホルモンバランスの崩れか一時的なものらしく、薬が数日分出ただけでした。

最後に「薬がなくなった頃にまた受診した方がよいですか?」と聞くと、笑いながら「もう来なくていいわよ」と言われてしまいました(笑)。不要な通院を薦めない所も何だか好感が持てました(笑)

もう来なくていいと言われてしまいましたが、また何かあった際には行きたいと思えるクリニックでした。「婦人科は苦手、実は検診も受けてない」という友人もいますが、女性にとってはとても大事なこと。私も引き続き気を付けていきたいと思います!

f:id:sarashina_sara:20180820122246j:plain