40代でもぽっちゃりでも、美しくハッピーに!

ダイエットしなくても、40代でもぽっちゃりでも、美しくハッピーになれる!そんなヒントやマインドをお伝えしていきます♪

テレビ朝日・六本木ヒルズ「夏祭り」で感じたこと

さて、何回かに渡り書いてきた「テレビ朝日・六本木ヒルズの夏祭り」「ドラえもんARアトラクション」ですが、最後に私が感じたことをお伝えしますね。

curvychicks.hateblo.jpランキングに参加しています。よかったら応援して下さいね♡ 励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

テレビ朝日アトリウムのトイレ事情

まず、ドラえもんARアトラクション「クジラと謎のパイプ島」を含む、夏祭りイベントを楽しむには、サマパスと呼ばれるチケットが必要です。このチケットがないと会場のテレビ朝日1Fアトリウム(ロビーのような所)にも入れません。

私たちが行った日は平日だったので、激混みではなかったとは言え、会場全体はそれなりに混んでいました。朝10時過ぎにはお手洗いも並ばずに利用できましたが、7Fの社員食堂でランチを終えて13時前に1Fアトリウムに戻ってくると、女子トイレは大行列でした!

こちらは私が「空いている」と感じた時のアトリウム1Fの写真↓

f:id:sarashina_sara:20180808211310j:plain

ドラえもん「クジラと謎のパイプ島」アトラクションはアトリウムの2Fで、入口の階段を上るとすぐに会場になっており、途中お手洗いはありません。小さなお子さんは開始前に1Fでトイレに行っておいた方がよいと思います。

ただ、時間によっては1Fアトリウムの女子トイレも混雑しますので、可能なら六本木ヒルズの中などで先に済ませて来る方がよいかもしれません。

ふとよみがえった小学生時代の思い出

お手洗い以外で私が気になったこと。会場にあふれる人気ドラマやバラエティ番組のコラボ商品やフォトスポットなど…普段テレビをほとんど見ない私には、何のありがたみもありません(苦笑)

それでも甥と姪が「あっ、○○の番組のxxだ~!」など興奮してかけ寄る姿を見るのは嬉しいし、「暑い中わざわざ連れて来たかいがあったなぁ~」と子供のいない私はしみじみ思ったのでした

そこでふと思い出したのですが…今でこそテレビも見ない私も、子供の頃は甥や姪のようにアニメやバラエティ番組も大好きでした。特に小学生の頃、おニャン子クラブの大ファンだったのです!当時、女の子なら憧れましたよね~。

今はおニャン子も「その辺にいる普通の女子高生」としか思えませんが(笑)、当時の私にとっては、手の届かない雲の上の存在で…夏休みのある日、両親にねだってフジTVの夏休みイベントに連れて行ってもらったのです!

イベントは屋外で行われてとても暑かったこと、外のステージで行われた公開録画で(お目当てのメンバーではなかったものの)憧れのおニャン子を間近で見ることができて嬉しかったことをぼんやりと覚えています。

あの時の両親は、今回の私のように「遠いし、混んでるし、お金もかかるし…こんなイベント何が楽しいの?!」と思っていたかもしれないません。でも、私が喜んでいるのを見て「連れてきてあげてよかった!」と思っていたことも確かです。

私は子供がいないので、お金も時間も全て自分のために使えるし、自由に過ごせることが最大の喜びなのですが(笑)、今回甥と姪に付き合ってテレビ朝日夏祭りに行ったことで、「子供時代の自分に対する両親の愛情」を再確認した気がしました。

そんな感じで、夏祭りのイベント自体が「ディズニーランドのように楽しいか?行く価値があるか?」と聞かれると微妙なのですが(笑)、お子さんに楽しい夏の思い出を作ってあげたいご両親などには、良いチャンスかもしれないと感じました☆

f:id:sarashina_sara:20180809104552j:plain