40代でもぽっちゃりでも、美しくハッピーに!

ダイエットしなくても、40代でもぽっちゃりでも、美しくハッピーになれる!そんなヒントやマインドをお伝えしていきます♪

「ドラえもん」のARアトラクション「クジラと謎のパイプ島」を体験!

さて、テレビ朝日・六本木ヒルズ「夏祭り」の「ドラえもん」のARアトラクション「クジラと謎のパイプ島」はどんな感じだったでしょうか?

curvychicks.hateblo.jp

ランキングに参加しています。よかったら応援して下さいね♡ 励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

そもそも「ARアトラクション」って?

小学生の甥と姪に「ドラえもんのARアトラクションを体験しにTV朝日に行きたい!」と言われた時、「座って3D映像などを見る15分程度のアトラクションだろう」くらいに思っていたんです。でも、その後、どうやら違うと分かって…笑。私が思っていたのは、ARではなくVR=ヴァーチャルリアリティですよね。

ARとは「Augmented Reality」の略で「拡張現実」という意味だそう!ポケモンGoのようにスマホやタブレットを使って、目の前の世界を拡張するのがARのようです。こちらの夏祭りの動画を見ると、どんな感じか分かりますよ。


ドラえもんARアトラクション「クジラと謎のパイプ島」紹介VTR

肝心のアトラクションはどうだった?

待たずに入れるよう、前回の記事で書いたとおり、私たちは「ドラえもん」整理券付きの前売り券を購入していきました。朝10時過ぎに着くと、会場には既に多くの人が。当日の整理券は17時の回を配布中でしたので、早い時間に配布終了になる可能性もありそうでした!

私たちは11時の回だったので、時間までテレビ朝日アトリウム1Fのドラえもんフォトスポットで写真を撮ったり、甥は宇宙飛行士体験のアトラクション(20分待ちくらい)で遊びました。

受付開始時間になると、チケットを見せてこちらの入口から2Fへと階段を上がります。

f:id:sarashina_sara:20180809101419j:plain

2Fに上がってからも結構待たされましたが、1人1台(小さい子は保護者と二人で1台)タブレットを受け取ると、「クジラと謎のパイプ島」のオープニング映像を見たり、進行役のお姉さんの説明を聞いたり。

f:id:sarashina_sara:20180809101628j:plain

「ドラえもん」は私も子供の頃は大好きで、マンガも持っていましたし、アニメも見ていました。が、当然、大山のぶ代さん世代ですので、「やっぱり平成(も終わろうとしていますが笑)のドラえもんは何か違うわね…」なんて思ったり、壁のイラストやジャイアンのパネルに気を取られていたら…肝心のARアトラクションの遊び方をあまり聞いていませんでした!!(笑)

要は、7000年前の不思議な文明のある「パイプ島」を舞台に、4分間の制限時間内に「迷子になったのび太たちを救出し、ひみつ道具を探す」というミッションを達成するのが目的なのですが…

4分ってかなり短いです!上の動画では、みんな余裕を持って遊んでいますが、実際は20~30人が同時にあの狭い空間に入り、一斉にひみつ道具を探したり、タブレットをかざしたり…制限時間もあって、何だかもうパニック(笑)

それでも、私もひみつ道具をいくつかゲットできました!!

…と思いきや… 

f:id:sarashina_sara:20180809102253j:plain

えっ?!「がんばったね!きみのおかげで助かったよ」ドラえもんは褒めてくれていますが、ひみつ道具は何一つゲットできていないみたい?!タケコプターなど集めたはずなのに?!どうやら、私はしずかちゃんと、こちらに表示されているひみつ道具を集めなければいけなかったみたい…。やっぱり遊び方を全然理解していませんでしたね^^;

子供たちの反応は?

このゲーム、制限時間もあって急かされるし、ちょっと難しいよね。小学校低学年の甥も、ひみつ道具をゲットできずに落胆しているかもしれない。でも「よくがんばったね!」って褒めてあげよう♡ そんな風に思って、甥のタブレットを見ると…

「ありがとう!きみのおかげで仲間とひみつ道具を全部見つけることができたよ!」

えーーーっ!きちんとミッションクリアしていました!笑!ポケモンGOはやっていないものの、さすがゲーム好きで、普段からSwitchやらDSやらやり込んでいるだけあります。

姪もそれなりにゲームは好きですが、混雑した会場では小さな子に譲ってあげたりしていたのか、ひみつ道具はあまり見つけられていませんでした。

2人とも、制限時間が終了しても、名残惜しそうにスマホで写真を撮ったりしていたので、やっぱり4分しか会場にいられないのは厳しいですね。それでも、楽しんで満足していたようでした!

私の印象だと、幼稚園くらいの小さな子供たちは、ミッション達成云々より「目の前に広がる本物のドラえもんの世界を楽しむ!」くらいの感覚で行く方が、アトラクションをより楽しめるかもしれない、と思いました♡ 

f:id:sarashina_sara:20180809104552j:plain